-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-09-17 20:49 | カテゴリ:4歳・0歳
妻のほうです。



このブログは、思えば5年くらい前に、イトウさんを身籠ったことをきっかけに、何か記録をつけようかなと思って始めたものです


当時は妊娠中から更新頻度もなかなかのもので


今、同じく胎児が一人お腹の中におりますが、

まぁ~ブログの更新頻度もそうですが、胎児の出現頻度もレアポケモン並みです


うん、まぁ、元気で生まれて来てくださいね。
こっちは大体準備できてるんで。



みたいな心持ちで日々を送るのみで、胎児への興味が、イトウさんの時に比べて圧倒的に薄い…

少し可哀想ですが、その分、
第二子は心に余裕を持って育ててもらえたり、第一子が親との壮絶な闘いの末開拓した道をのうのうと歩いたりできる特権もあるので、
許してもらいましょう




「こら、もっと興味持てやー!」
(2人目もすごいタレ目らしい)





てなわけで、今回の記事もイトウさんの話です




「…なんか大人になったな」と思うとき。




ちょっとご褒美をあげる約束があり、
おもちゃとかも売ってる書店で、イトウさんにアイロンビーズを買ってあげるということで、


(コレ↓)




アイロンビーズのボトルと、お姫様の形の型を「も~!重いんですけど~!」とか言いながら嬉しそうにレジへ運ぶイトウさんが、


途中、「あっ!このご本保育園にあるのー!!」と児童書コーナーに引っかかり、
アイロンビーズを近くに置いて読書を始め



そのうち、側に1歳か2歳くらいの可愛い男の子がやって来て、


イトウさんが放置したアイロンビーズやお姫様の型に興味を持っていじくり回し始めたのを、


私は「あーこれ絶対イトウさんはフンフン鼻を鳴らしながらダメェ~イトウの~とか言って大人に目配せして文句言うだろうなー」と瞬時に予測したが、


当のイトウさんは、チラリと男の子の様子に目を配り、

そのまま冷静に読書を続け、


男の子がママと一緒にどこかへ行った後、「イトウさん?さっきの男の子に文句言わなくて偉かったね?」と尋ねると、


イトウ「え?あーうん。男の子は触ってただけだからね。持って帰っちゃうことではないよ。イトウ、あの子に怒って、ママに叱られちゃうの嫌だし。」



と冷静に言われたとき。







大人になったイトウさんにポチ

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://summitb2.blog69.fc2.com/tb.php/575-33a85b00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。