-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-03-13 20:49 | カテゴリ:3歳
ジャンル:育児 テーマ:働くママの育児日記
妻のほうです。




イトウさんの通う保育園は、“自然派”です。


裸足で泥んこでいっぱい遊んで、

山に登ったりお散歩に行ったりする時間を大事にしているようです


我が家の教育方針は特に自然がどうのというわけではなく、
単に保育園を探し始めたとき、市内で0歳児の枠が一枠のみ空いていたのが今の保育園だったのですが。


でも自然体験みたいのはいいんだろうなとは思います。

要は、幼少期に脳にいろーんな刺激をいろんな所から与えることが、どっかヒットして可能性が広がるかもね、という話なんだと理解してるのですが。

で、自然ていうのは壮大で、人工物ではどうにも敵わないほどいろんな刺激があるので、

とりあえず自然に触れると刺激のパターンがすごい増える。

→手っ取り早くいろんな刺激を入れるには自然はいい


という話なのかな、どうなのかな。




そんなこんなですが、

この頃気になってたのがチームラボのテクノロジーを最大限に活かした体験型展示です。
→http://odoru.team-lab.net/sp/



人工物も、テクノロジーが突き抜けたらすごい刺激と体験と感動を得ることができるのかもと思い、イトウさんを誘ってみました



私 「イトウさん、ママと遊びに行こうか?」

イトウさん 「ん?うん、どこに?」

私 「んー、どこって、そうだね。遊園地ではないけど、んー、なんか光とか、なんかすごくて、うーん、なんかうまく説明できないけど面白そうな不思議なところ…」




イトウさん 「ふーん?いいよ、不思議なところ行きたい



親の拙い説明でも、ざっくり受け入れてくれるイトウさんの懐の深さを感じます。




その日が特に寒い日なのか、とにかく寒気でブルブル震えながらイトウさんと遥々お出掛け



平日なのに、30分くらいチケットを買うために寒空の下行列に並び、さらに建物の中で30分ぐらい展示の入場口の行列に並ぶ始末


中に入ると、なかなか素晴らしかったです



暗い空間一面に光の花畑が。






壁一面に動く絵がプロジェクターで投映されてる。



光るボールにイトウさん夢中。色が変わるのに、気づかずピンクを死守しようとする。



これなんかは、好きなように塗り絵した乗り物や建物が、壁一面の大画面の世界にスキャンして取り込まれて動き出す



夢中で遊んでなかなか帰ろうとしないイトウさんとともに、


すごいなー

幻想的で楽しい空間だなー

人工物も極めれば自然に負けない体験学習ができるんだなー



と感心しながら私も過ごしました。



が、だんだん気分が悪くなり


閉鎖空間で、強い光の刺激が全方位にあり、

なんか吐き気もしてきて、


あぁ、、なんかやっぱ人工物ってのは、刺激的ではあるが癒しの要素は無いんだな…

とも感じ始め、


イトウさんを説得して会場を後にしました


帰りもなんか気分悪く、


ママテクノロジー疲れしちゃったかも~
とか言いつつなんとか帰宅




帰宅後、悪寒が治らないので一応熱を計ってみたら、


38.5℃



普通に、考えてみれば母は朝から病気だったのですね




テクノロジーに癒しの効果が無いというか、

大自然の中にいたってたぶん寒くて熱が上がったことでしょう




教育方針以前に、


健康第一ということを


体験から学んだ一日でした






にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://summitb2.blog69.fc2.com/tb.php/555-cf9a8aaa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。