FC2ブログ
2015-08-05 10:43 | カテゴリ:妊婦ノウハウ
ジャンル:育児 テーマ:働くママの育児日記
お久しぶりの妻のほうです。




夫の緻密なデータ収集、分析と、計画的犯行により、めでたく2人目を妊娠しました


最終的には、なぜこの人に子宮と母乳が無いんだろう…自分は代理母なのかなという感覚にすら陥りましたがね




赤ちゃんはコウノトリが運んで来てくれる授かりものだよね~命って不思議

というお花畑的思考だった第一子イトウさんのときとは違い、

出産とはこうも計画的に、業務上も対人関係上も、多面的なマネジメント
が必要な所業
であると思い知らされましたね


そもそも、第二子については夫との間で意識の違いがありました。


夫 : 子どもは最低2人、できれば3人欲しい早ければ2歳差ぐらいで、3歳差がベスト4歳差は離れ過ぎてるけどギリ許す
さぁオレはいつでも育休取るし!グズグズしないで2人目をつくるのだ



私 : 理想の家族構成、という意味では同意できる。私も何もなければそれがいいなと思う(3人兄弟の人って絶対3人欲しがるよなー別にいいけど)。でも何も知らずに1人目産んでみて、もちろん後悔はしてないけど、それがあなたのようなイクメンが側にいて私自身はかな~り自由にやらせてもらえたとしても、自分のキャリアや組織にどんな影響を与えるか深~く実感したわけで。そう簡単に2人目とはいきませんわよ。トトロのサツキとメイみたいに7歳ぐらい離れててもいいんじゃない。



まぁそんな両者の意見が数年来せめぎ合っていた我が家です


最終的には、イトウさんとギリギリ4学年差が実現できるあと数ヶ月に賭けてみようということで合意に至り、幸運にもこのたびのご報告となりました



少子化問題や、子育て支援が大きく取り沙汰される昨今。

第一子までは普通に産み育てたものの、第二子を躊躇するケースは実際多いようです↓

http://1morebaby.jp/

経済的理由や、1人目の子どもへのケアの不安という一般に多いらしい理由とは少し違いますが、、


私個人的には、お花畑の住人だった若かりし20代の私と、

イトウさんの妊娠出産、職場復帰と義実家近くへの引越し、子育てをしながら(私自身はたいして子育てしてないが)の仕事と長時間通勤を4年間経験した30代のスレた私とは、

全く出産への思いが違うことが発見でした



気持ちの変化として、

1人目の時のように、初の妊娠に動揺して過度に特別感を抱くことがないため、妊娠・出産」に対して比較的冷静な目が向けられるようになった

ということが影響して、
以下の2点に改めて気付いたことが大きかったと思います

30代前半というお年頃、みんな結婚や出産には色々な思いと色々な事情を抱えながら生きているわけで、無条件に他者の幸せを喜べるとも限らないのが社会の現実だということ。


マミートラック(※)ってありますが、あれは本当で、いくら会社で育休や時短などの制度が整っていてそれを権利として使えたとしても、守られるのは最低限の子育て環境であって、充実したキャリアは誰も守ってくれないということ。
短期的に見れば組織にメリットはあまりなく、周りが皺寄せをくらうのだから当然といえば当然です。
もちろん、長い目で見て組織の多様性の受容や、未来の労働力の確保、国力の増強という意味では本当に偉業なのですが、それに個人レベルですごく共感して行動する人というのもあまりいないでしょうし。

※マミートラック
バリキャリ系を目指して仕事を頑張ってきた女性が、育休復帰後から会社側の配慮でルーチンワークに配属され、やりがいのある仕事やキャリア形成を諦める現象。悩んだあげく能力のある女性が労働市場から姿を消すという社会問題にも。




つまり、妊娠・出産というものは、

周りの人の気持ちにも、仕事にも、色んな影響を及ぼすもので、

その影響が必ず何らかの形で自分に返ってくるものなんですよね。




お花畑時代は、なんだかんだ「命の誕生だ~キャハハ!皆が祝福してくれるわ~ウフフアハハ」
と、お気楽極楽だったんでしょうね


でも社会でスレまくった私はもう違う。

周囲に与える色んな影響、そこから生じる色んな思いと、自分に返ってくる何か(ポジティブなものもネガティヴなものも)を受け止める覚悟を持って出産と育児に臨むんだなと


そんな思いで、日々貧血や胃のムカつきと闘いながら、通勤電車に揺られております


世の中のお母さんたちは、どんな思いで第二子を出産しているのだろうな。




どうかこんな私から、
人の幸せを心から喜べる純真な子
生まれてきますように





もしよろしかったら押していただけたらと思います。
更新の励みになります↓
にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト



2012-08-28 20:20 | カテゴリ:妊婦ノウハウ
ジャンル:育児 テーマ:働くママの育児日記
妻のほうです。


2人目を妊娠しました、


という記事ではございませんのでご安心を





今日は、病院実習のため6時台の電車で出勤しておりました

幸い、目を付けた男性がすぐ次の駅で降車。

こんなときは、っしゃーーーーー!!!
て気持ちになりますね






ところが、その次の駅で、私の前に例のマークを付けた女性が



これは主に

「妊婦はしんどいのでマジで席譲って下さいね」

という意味のマークですから、急いで席を譲りました


しかし、このマークには「しんどいんです」という意味があるということに私が気付いたのは、恥かしながら、自分が妊娠してからのことでした


臨月のお腹の大きい妊婦さんは、見るからに重そうなのでいいのですが、


街で妊婦マークを付けた人を見ても、妊娠するまでは、

「へぇ~赤ちゃんがいるんだ~元気に生まれてくるといいな

とか微笑ましい気持ちになって終わっていました。


知識と想像力の欠如ですね



そして、妊婦時代に実感したこととしては、

いくら例のマークを提げていても、

中年以上のサラリーマンはほぼ100%席を譲りません

子どもがいる人も多いだろうに、子育てに参加しない世代だったからか、もう昔すぎて忘れてしまったのか、社会の歯車として働くうちに想像力とか共感性が低下するのか分りませんが、、

とにかくサラリーマンで混み合った電車に乗ると地獄です



譲ってくれる確率の高さでは、

1位 年配の女性
2位 若い女性
3位 若い男性

が私なりにはランクインしております




まぁ私は中年のサラリーマンレベルだったので、サラリーマンを代表して申し上げると、
このマークの一番の問題点は以下であると考えられます。




「お腹に赤ちゃんがいます」

という幸せそうな文章とイラストが、席を譲らないといけない!という危機感に結びつきにくく、
相手の思いやりに期待しすぎている。




この問題点を改善するためには、以下の点に配慮が必要であると考えます。



・イラストに危機感を加える。

・メッセージをダイレクトにし、思いやりのある人にもない人にも分りやすくする。



以上の点を考慮し、私が新しく考案したマークがこちらです









どうかしら。




気が向いたらポチを…
  ↓
にほんブログ村 子育てブログへ

2011-05-10 22:37 | カテゴリ:妊婦ノウハウ
ジャンル:育児 テーマ:マタニティライフ
GBS(B群溶血性レンサ球菌)という
よく分からん菌がいることが、
先日の辱めチェアの検査で分かりました

これは、健康な女性の10~30%の膣の中や肛門の周りに
存在する菌で、人の身体に常に存在する菌の中でも普段は
病原性を示さないもの、つまり「常在菌」なので、通常は
治療の必要も無いらしい。

でも、お産となると話は別で、赤ちゃんが産道を通るときに感染
して「新生児GBS感染症」を起こすことがあるそう。
GBS感染症には、細菌性髄膜炎、敗血症、肺炎などがあって、
その発症率は1~2%程度らしいけれど、新生児で発症すると
危険性が高いようです

で、どうするかというと、この菌は治療をしても完全に消える
ことがないため、妊娠中に治療をしても意味がないらしく、
分娩中に処置を行うそうです。

「いざお産じゃ~!」ってなって陣痛とか破水で入院したときから、
分娩までの間、約4時間ごとに抗菌剤の点滴をします

しかも規定の回数までしか保険適応でないらしく、適応可能な
回数を越えるとあとは自費での抗菌剤投与だそう
お産があんまり長くならないことを祈る~
でも短すぎても投与が間に合わないことがあるからダメらしい~

あとは、抗菌剤を投与しても、稀に感染を予防できないことも
あるらしいので、退院後も注意して見ておく必要があるらしい
です
体温が当てにならないことがあるから、何となく元気がないとか、
ミルクの飲みが悪いとか、呼吸が安定しないとかの状態にも気を
付けて、気になる様子があった場合はすぐに小児科へ

なんか神経質になりそうで嫌だなぁ
家族とよく共有しておこう

さらに、次回妊娠時も同様の処置が必要とのこと
つまり母はずっとこのGBSとお友達なのです
勝手に住み着いて。家賃払ってよ~

<<トラックバック>>

先日検診で発覚したGBS(B群溶連菌)。ものの本などによりますと、 B群溶連菌は新生児感染症の原因となる菌の一つ。 膣の中に常在できる菌の一つで、 妊婦の10人に1人くらいが持っている。  赤ちゃんが感染症を起こすと、 呼吸障害や哺乳力低下が起こることがある。 さらに進行すると敗血症や髄膜炎を発症することも。とあります。私は2度目の出産の時にもGBSが出ました。だからまあ、またか、って感じなのです.
GBS(B群溶連菌)


2011-04-19 20:41 | カテゴリ:妊婦ノウハウ
ジャンル:育児 テーマ:マタニティライフ
バランスライフとゆうアプリをダウンロードしました
食事のカロリーや毎日の体重を記録してダイエットに役立てるとゆうアプリ
です。

最近の食品はパッケージにカロリーを記載してくれてることが多いので
分かりやすいですよね

よーし、今日は間食にこのカステラを食べちゃいます



もちろんきちんとカロリーを記録しないと…

100gあたり 349kcal


ふむふむ、それで内容量は何グラムかな…


「   内容量     1個   」

えっ、あー、うん、、

これカロリー分からないね

2011-04-13 21:48 | カテゴリ:妊婦ノウハウ
ジャンル:育児 テーマ:マタニティライフ
妊婦は便秘になりがちと言われます
私は妊娠に関係なく普段から便秘には悩まされて来ました。
これは小さい頃からで、幼稚園の頃は浣腸担当の父が大嫌いでした。
精神分析を勉強してから、その頃を振り返っても今の情緒的特性を考えても、
自分は肛門期に固着点があるのかなぁ…と思ったり

まぁそれはいいとして

子宮はお腹の中では膀胱と腸の間に位置するので、赤ちゃんはもうお腹の中じゃ
オシッコとウンチの間の住人なんですね

便秘のときはお腹も張ってくるので、これまで以上に便秘対策をしなければ
ということで、便秘に効くに違いないと思う食べ物トップ3を発表します

 第3位 ドライフルーツ プルーン

プルーン

これは産婦人科でも勧められました。
1粒でも結構ズッシリで食べ応えがあります


 第2位 夫特製ネバネバ丼

iphone_20110413203434.jpg

これは私の大好物でもあります

材料
納豆、メカブ、オクラ(茹でて切ったやつ)、
モロヘイヤ(茹でて微塵切りにしたやつ)、ネギ、卵、めんつゆ

作り方
全部混ぜてご飯にかける。

これは本当に簡単で(別に私が作るわけじゃないけど)美味しいし
身体にも良いので、皆さんにオススメです~


そして…

 第1位 お好み焼きのようなもの

iphone_20110413204927.jpg

これはちょっと意外でしたが、
やはり翌日の精密な分析(う○こをじっと眺めた感じ)の結果、栄えある第1位に
選ばれました

材料
キャベツめっちゃいっぱい、山芋いっぱい、ネギ、豚肉、卵、かつおぶし、
天かす、小麦粉ちょっと、水

作り方
全部混ぜて焼く。

お好み焼きって何となく炭水化物の塊のような気がしていたけれど、
実は野菜たっぷりでヘルシーなんですね
山芋いっぱい入れたらフワフワで美味しかったです

ちなみにタネはこんな感じ

お好み焼きたね


今日も快食快便頑張りまーす