FC2ブログ
2012-08-13 10:10 | カテゴリ:1歳1か月
ジャンル:育児 テーマ:働くママの育児日記
妻のほうです。



イトウさん、いつの間にか1歳2ヶ月を迎えていました



1歳半健診が近付くにつれ、

あ~初語はまだかな~
マジたのむよ~


という気持ちになってきます


まっ、でも考えてみれば、
こっちは既に療育センターに通ってるので、今更何を指摘されようが怖くないんだった



さてそんな中、

イトウさんの音声の模倣がここ数日でハッキリしてきました


今までは、


大人「ブーブー」

イトウさん「…」

大人「ブーブーだよ~」

イトウさん「ぶぶー…」

大人たち「言ってる?!ブーブーって言ってるよねー?!」



とかゆう、ホンマかいな的な感じだったのですが、



今は、決まった音は確実に模倣してきます


真似できる音は、

「ちょうちょ」

「パパ」

「ブーブー」

「ちゃーちゃ」

「わんわん」

「ふー」

「しー」

などです。



出せる音のレパートリーも結構増えてきたと思うのですが、
初期からず~っと教えている「ママ」だけは、断固として言いません


私「(自分を指差して)ママ!」

イトウさん「ちゃーちゃ!」

私「マ~マ!」

イトウさん「パパ…」

私「いやいや、、(口元よく見せて)んま~ま!!」

イトウさん「(口元よく見て)パーパ!!」


なんでやねん!



…という日々。



夫を指差して「パパ」と教えると、よく「パパ」と言います



イトウさんは、パパが2人いると認識しているんですかね~


複雑な家庭…



まぁ…



気持ちは分かります。



イトウさんがいつかママと呼んでくれますように…
応援のポチをお願いします

にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト



2012-08-11 08:29 | カテゴリ:1歳1か月
ジャンル:育児 テーマ:働くママの育児日記
妻のほうです。


夏休みということで、私の職場のメンバーと、イトウさんも一緒にお出掛けをしました



“世界一の朝食”と称されるビルズ
昼ごはんを食べ、






イトウさんは持参の離乳食を断固拒否し、



自分もスクランブルエッグとパンケーキとバナナを召し上がりました





湘南の風に吹かれて、





コースターをかじるイトウさん。




優雅ですね~



もしよろしかったら押していただけたらと思います。
更新の励みになります↓
にほんブログ村 子育てブログへ
2012-08-07 17:58 | カテゴリ:1歳1か月
ジャンル:育児 テーマ:働くママの育児日記
妻のほうです。



私の実家のジジババから、イトウさんの1歳の誕生日プレゼントをまだもらっていませーん!

という記事を書いたからかどうかは分からないのですが、



いまさら誕生日プレゼントが届きました


マジで忘れていたのでしょうか…




届いたのは木製の汽車ポッポで、


本当は後ろの持ち手を持って歩いて押して遊ぶという、



この月齢の赤ちゃんにはもってこい



しかし今のイトウさんにとってはかなりイタ~いおもちゃです



しかし、このテのおもちゃ、

赤ちゃんが押して歩くやつ?
カタカタとかいう名前でしょうか。


何度イメージしても、赤ちゃんが持ち手を持って体重を前に掛けた時点で


つんのめってバーーーーン!!
顔面強打ーーー!!!


てなる気がするのですが、
どうなんでしょうね



ある程度熟達した者だけが遊べる代物なんですかね。



まぁ100%顔面強打のイトウさんは、


こうやって前に乗って遊びます




蹴って前へ進むことすらハードルが高そうですが、

とりあえず乗せると喜んでおります



木の風合いもいいし、動かすと電子音じゃなく“シュポー”と音がしますよ~



と宣伝してみたり。



もしよろしかったら押していただけたらと思います。
更新の励みになります↓
にほんブログ村 子育てブログへ
2012-08-05 19:36 | カテゴリ:1歳1か月
ジャンル:育児 テーマ:働くママの育児日記
妻のほうです。


旅行みやげのお菓子の名前のようですが、

療育センターに行ってきました


市の福祉施設ですが、自宅から比較的近い場所にあり、車で行くとすぐ着きました

なんだか山と畑に囲まれた辺鄙な場所にある古い建物でした
福祉の領域はなんともビンボーな感じですが、まぁのどかですね



受付らしき所に行くと、名前を名乗るタイミングも無く、

「あら、いらしたわよ!」

「はいは~い」

みたいな感じで担当の方が近付いて来て、広いリハビリ用の部屋に通されました

ボロい施設ですが、部屋は広くていろーんな遊具やトレーニング器具があり、

イトウさんも「おーっ!おーっ!」と色々指差して興味津々


まぁ動きの少ない娘なので、その広い部屋を完全に持て余してはいましたが


初めに「相談シート」みたいな冊子に、相談内容やら子どもが生まれてから今までの発達の過程やら普段の様子などを詳しく記入して、
それをもとに相談が始まりました

相談シートの質問項目は、全体的には「(特に自閉症圏の)発達障害があるかどうか」を知りたいのだな~という内容がとても多く、

お子さんは指差しをしますか?

お子さんは名前を呼ぶと反応しますか?

お子さんは何か特定のものに強く執着しますか?

などなど

イトウさんには当てはまらないものが多かったです


それだけ発達障害の相談が増えていたり、早期発見・早期支援の必要性が行政レベルで高まっているのかな~と思います



担当者が2人掛かりで、約2時間、私たち親子の相手をしてくれました


担当の方に指摘された点としては、

イトウさんは右足の膝を外側にして倒し、左足とお尻で動くという動きしかしないため、特に右足の動きにバリエーションが無い。

膝を柔軟に曲げたり伸ばしたりすることが苦手。

腹筋も弱いため、上半身もうまく使えていない。

お腹の側面の筋肉も柔軟に使えていなくて固い。

お決まりの姿勢しかとらないために、身体が全体的に斜めになり骨盤の高さがズレていて、足の長さが違うように見えてしまう。


などでした


そして、まとめると

怠惰で慣れた動きしかしないで生きてるから、慣れない動きも無理矢理させて慣れさせましょう


ということだったと思います


そんなわけで、後半はイトウさんギャーギャー泣きながら

体操をいっぱい教えてもらいました


いくつかご紹介


しゃがむ姿勢




膝立ち



からの…

お馬さん




腹筋もあります








他にも何種類ものメニューがあります


これを毎日家庭でやってみて、1ヶ月後にまた経過を見てもらうことになりました。







ロッキーのテーマが聴こえてきますね


特訓の日々が始まりました



どんなに機嫌が良いときにやっても、
基本的にすべての体操で号泣しますが…


それも色々な動きに慣れていけば平気になるそうです


どんまいイトウさん



イトウさんファイト~!のポチを

にほんブログ村 子育てブログへ
2012-08-02 06:31 | カテゴリ:1歳1か月
ジャンル:育児 テーマ:働くママの育児日記
妻のほうです。


この頃、イトウさんの食事へのモチベーションが低く、


スプーンなどでお口へ運んであげても、プイッとされることが多いです


おいおいざけんなよと、
こっちも部屋の端っこからダッシュしてお口に運んだり、
廊下から登場して踊りながらスプーンを差し出したり、
色々工夫するのですが、なかなかしぶとい


朝ご飯なんかは特に、時間も無いのでこっちもイライラしつつ口に押し込み、イトウさんもグズグズ文句を言います



じゃぁ自分で食べてくれ、ということで、食器ごと放置したところ、




おっ…


ばくっ



なんと、自分で刺して食べられるのか
このときまで知らなかった母


じゃぁこちらも…



おぉ…


おっと…


ばくっ



まぁ最後はこうなって、



こうなりますが。





もしよろしかったら押していただけたらと思います。
更新の励みになります↓
にほんブログ村 子育てブログへ